子供っていうのはトイレを我慢する生き物よね。
かつておむつをしていたころは
常に垂れ流しだったくせに、いったんトイレでの排泄を覚えたら
いっちょまえに我慢なんかはじめちゃって!

お母さん、トイレは我慢しないこと、トイレ休憩のときは必ずトイレに行くことを何年間も口すっぱく教育してきたわ。

なぜって、もし学校に行きはじめてトイレを失敗したら
取り返しのつかないあだ名をつけられたりするでしょう?!

お母さんがトイレ教育に厳しかったのは母の優しさなのよ。。。

それなのに長男てば、キンダーの初日にトイレ失敗したのよ!
小さいほうだったけど、リュックに入れて持っていった着替えが初日から大活躍。

先生には、「今年はいいけど来年はダメだよ」って言われたらしいわ。


。。。。今年もダメよ!!!


これを恐れて何年も熱心にトイレを我慢しない教育をしてきたのに
学校初日に努力がパーに!

緊張もあったのかもしれないと思って怒ったりはしなかったけど、
お母さんショックでしばらく沈んだわ。

その後はトイレを失敗してないんだけどね。
毎日家に帰ってきたらトイレにダッシュよ、長男も次男も。
なぜ学校で行って来ないの?!
あんた達の学校のトイレないんですか?!

それに家でゲームをしたりテレビを見たり遊んでるときも、
気がつくともじもじソワソワ。。。

「トイレ行きなさい!」

ってお母さん冗談抜きで今まで1万回は言ったわ。

1万回言っても直らない、それが教育なのかしら。。涙


そんな切ない気持ちを抱えてるお母さんに先日ある事件が起こったわ。

お母さんは普段リビングのソファに
ブランケット、湯たんぽ、コーヒー、チョコレート、漫画、アイパッド
などを集めてそこで仏像みたいに動かないのが基本のスタイルよ。

これがねぇ。動くのがおっくうなのよ~。
ベストポジションに座った直後に子供にやれおやつをだせだの
水がのみたいだの言われると非常に面倒なのよ!
でも子供の頼みなら母として聞かないわけに行かないからやるわ。

だけど自分のことなら面倒だからよほどのことがない限り仏像みたいに動かないのよね。

これは子供には内緒の話だけど、実はお母さんもソファで仏像化してるときは
限界までトイレを我慢するわ!

めんどくさいもの!湯たんぽを抱きながらブランケットにくるまれるってほんと天国よ!
天国はこんな近くにあったのかと思うくらいの天国度!

それに比べてトイレといったら。。。
便座は冷たいし座ったら大きい鏡が自分の顔をうつして
「ああまたしわが増えた。。。」って思わされるし、
ソファーに比べたらひどいネガティブな場所だわ。
あ、掃除はちゃんとしてキレイよ。安心して。

だから時にお母さんはアイパッドをしながら実は1人で限界チャレンジしてるわけ。

そんなことは露知らず、4歳の甘え盛りの次男が登場。
4歳って言っても体重は20キロくらいあるのよね。

その20キロがお母さんの限界チャレンジ中の腹部に思い切りよく飛び込んできたのよ!!
お母さんおもわず。。。

「ノーーーーーーーーーウ!!」

あごが外れそうなNo!

お母さんの衰えきってる腹筋じゃ、20キロのダイブに抵抗できなかったわ!
お母さん天国から抜け出てトイレへダッシュ!
セーフ?アウト?

若干アウトーーーー!

次男は普段お母さんが見せない機敏な動きに呆然としていたわ。
長男はYoutubeに夢中でこっちを気にしていないわね。よし。(よし。じゃないわ!)

お母さんはかなり動揺したけど、平静を装ってトイレから出て、

「次男よ、君はもう大きいんだからお母さんのお腹にダイブしてはいけませんよ。決してね。。。」

仏像のような笑顔で諭したわ。
棚上げが得意なお母さんもさすがに怒れないわよ。

そうしてお母さんは小走りで2階の自室に向かい静かに着替えましたとさ。


まさに、親は子の鏡!

お母さん息子達の気持ちがほんとはすごくわかるの!
トイレってなんであんなにめんどくさいのかしら?
お母さんも子供のころトイレを限界まで我慢しててお母さんのお母さんに散々「トイレ行け」って言われたわ。

だけど未だに直らないのよ!

でもさすがに大人になって外で失敗したことはないし
(危なかったことは何度もあるけど)

よし、もうほっとこう。

というより、お母さんにトイレを我慢するなって言う権利はもうないわよね~!