時の流れは本当に早いわね~!
このブログを始めてからもう4回目のハロウィンだったなんて。。。

過去のハロウィンの記事はこちら

Halloween 2015
0c3d0da8d52da1e97f7c42ee97e50186



Halloween 2016
d65e6d15a83116da4bd4241a63eee6fd


Halloween 2017
d09edddc-s


記事はないけど2014年はこれ
4d81d22d21e463c0bb3280d62f426a99
きゃわわーん!


昨日、小雨が吹きすさぶ中、
今年も子供らの物乞いパレード
Trick or Treatに付き合ってきたわ。

何年かアメリカのハロウィンを過ごしてみて
自分の気持ちがはっきりしたわ。

お母さんはハロウィンが嫌いよ。
Nightmare before christmasは大好きだけど。
ダウンロード


イベントコンセプトも意味がわからないし
コスプレもあんまり興味ないし
子供はやたらとお菓子をもらってきて
お母さんはつまみ食いして太るし

住んでる家のコミュニティで
Trick or Treatやってないから
会場探しで難民化するし


ほんとこれ。
お母さんの住んでいるコミュニティは
リタイヤ後の老人専用居住区のため
子供がほとんど住んでいないわ。

だから物乞い歩きTrick or Treat
の場所を探さなきゃいけないわけ。

これが本当に嫌なのよ!
基本的にみんな自分の住んでいる家のコミュニティで
近所の子供と誘い合わせて保護者同伴で
歩き回るのが一般的。

皆さん両親共働きだし
大人もコスプレしてイエーイ!
みたいにやってる人は
お母さんの住んでいる地域だとあんまりいないわね。

今年も子供を車に乗せて、適当ににぎやかな住宅地に
紛れ込もうと思ってたわ。恥を忍んでね。。。

でも今年は救いの手があったのよ!

つぐおがここのところ、今年からクラスメイトになった
転校生の男の子G君とやたらと仲良くなったのね。

そのG君の家に時々遊びに行ってたんだけど
先日つぐおが遊びに行かせてもらってた時に
迎えに行ったら、G君のママが

「あんたらハロウィンどうすんの?」

って聞いてくれたわ。
だのでお母さんは、いつものように
「マイハウスはシニアコミュニティにインしてるから
ハロウィンはナシウィンよ。」と。

そう話したらGママってば

「じゃあ、うちで一緒に回りなYo!」

って誘ってくれたのよ!

ああうれしい。あんたって最高。
一気に気が楽になったわ。
つぐおも仲良しの子と一緒に回れてめっちゃ喜んでるわ。

しかし

その横でながおが不満顔。
なぜ自分は2年生と共にハロウィング?

「オラも友達と回りてぇ!」

って言うわよね。そりゃ言うわよね。
でも幸い、G君の住むコミュニティには
ながおの友達のほとんどが住んでいるという事実。

ちょうど2015年に一緒に回ったR君ちがめちゃ近所
0c3d0da8d52da1e97f7c42ee97e50186


でも実はR君のママってばちょっぴり
気難しいから連絡するの腰が重かったわ。

でもね。そこはお母さん頑張ったわ。
そしてお願いされるとアメリカ人は
意外とNoと言えないのをお母さんは知っている。

アメリカ人は困った人に対しては
日本人よりもNoが言えないのよ。
中流白人限定かもしれないけど。

すぐにR君のママにながおを
混ぜてくれるようにメールでお願いしたら

案の定、二つ返事でOK!
しかもながおを落としてってくれれば
一緒に回ってくれるからお母さんは面倒見なくてヨシお兄さん。

Rママ、お母さんあんたが最高だって知ってた。
ちょっと気難しいけど。

そういうわけで、今年はとっても気軽に
ハロウィンを迎えることができたわ。

コスチュームはこれ
ながお → フォートナイトのキツネ(アマゾンで注文)
つぐお →HandMで買った骨のパジャマ
20181031_170032


ながおをR君の家にドロップオーフ
20181031_180825

つぐおをG君ちへ連れて行って
Gママと共に一緒に物乞いTrick or Treat
BlogPaint

「お菓子くれー」
20181031_181710

「お菓子をくれよー」
20181031_181520


小雨が降ってたから、子供達も少し少ないし
住宅街も例年より静かだったわ。

でも気温が意外と高かったから
薄着でほっつき歩いても全然大丈夫だったのが
良かったわね。

ながおは夜6時から8時まで
がっつり歩き回ったみたいだけど

つぐおは7時くらいには疲れたとか言って
切り上げたもんだから
お母さん1時間くらいGママの家で
Gママ、パパとおしゃべりタイムで
きつかったわー

めっちゃいい人たちだから、
気まずい空間だけは提供したくない。

お母さん頑張ってクソ英語で色々話したけど、
すべりっパ。いつもの事ながら
寿命が3か月くらい縮んだ。

でも唯一

「中国には紐でケツを拭くトイレがあるらしい」

というジェスチャー付きの話題だけは
笑ってもらえて救われたわ。


さて、楽しいハロウィングも終わり。
家に帰ったら子供たちはもう一つ楽しみがあるのよね。

それはお菓子を数える作業
20181031_200624
本当に楽しそうに数えてて、かわいいったらないわ。

長く回った分、ながお氏のほうがいっぱいあるわね。
BlogPaint

BlogPaint



そんなに歩いたわけでもないんだけど、
慣れない事をするととっても疲れるもので
家に帰ったらぐったりだったわ。。。

でもいつものことながら、
子供達のうれしそうな顔を見ると
嫌いなハロウィンもいい思い出になっちゃうのよね。

ところで去年、お母さんブログに
こんなことを書いてたわ。

来年もまだアメリカにいられたら、お母さんも仮装行列にドーンと参加しようかしらね。」

うん、コレはもう一年繰り越しで!

ブログランキングに参加中!
クリックで応援よろしくね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

 


今日の1曲
ビリージョエル「ピアノマン」
いい曲よね~。。。