あんた、、、また戦ったの?!
そんなにプンプンしてばっかりで

更年期なんじゃないの?!

って皆さんからの突っ込みが声が聞こえてきそうね。

でもお母さんは子供の頃から戦い続けてるので
たぶん死ぬまでプンプン丸。

本当に更年期が来たらどうするのかしら。。。?
自分が怖いわ!



数週間前の話なんだけど、
朝起きたらめっちゃ背中が痛かったわけ。
もうね、「ヒーっ!!」って叫びたいんだけど、
痛すぎて叫べない。

体を起こすこともできないし、
横もむけない。

でもなんとかベッドから出なきゃだから
1ミリずつゆっくり痛みをこらえて起きたわ。
体を起こすのに1時間くらいかかった。

これ一体何事かと。

全然心当たりないんですけど。
昨日もおとといもいつも通り
ぐうたらぐうたらと過ごしただけですけど。

まあとにかくヤバすぎる痛みがするんで
早速病院に駆け込んだわ。

そして病院の先生に診察してもらって
検査等することに。

でもその日はとりあえず、
痛み止めとステロイドの注射をしてもらって
帰ることになったわ。

注射を打ってしばらくすると、
少し痛みが和らいだけど、
首を動かすのはすごく痛いわ。

病院までは自分で車を運転をしていったんだけど、
左右を確認する時、昔のロボットみたいに
体ごとそちらを向かないといけないのが
危なくて怖かった。

でも、ここは主婦。
せっかく外に出てきたんだから買い物を済ませたいとか
思っちゃったわけ。

引きこもりは外に出るまでが大変だからね。
出たからには色々済ませたい。

注射が効いてくれば痛みも少しはましになるでしょ。

そう思いながら、体をロボットのように
左右に回しながらゆっくりと安全運転で
某、会員制スーパーへ向かったわ。

車を駐車して、背中に衝撃がいかないように
ゆっくりと車から降りるお母さん。

背筋を曲げると痛いから、
姿勢よく、決して首を回して左右を向かないように心掛けたわ。

そして入り口の所で会員証を出すことを思い出し、
バッグをガサガサ。

下を向けないから、バッグを顔の高さまで持ってきて
財布を出し、今度は財布を目の高さまで持ってきて
会員証をやっと抜き出したわ。

はー、痛いし不自由だわ。。。

そして入り口でまっすぐ前を向きながら
会員証を入り口の門番みたいなじいさんに
さっと見せてすり抜けた。

いつもなら門番に軽く挨拶くらいはするんだけどね。
今日は痛いし、首動かないし、
ロボットみたいな動きを見せたくないし。

そしたら入り口の門番が、
後ろからお母さんに大きな声で声をかけるじゃない。

「Hey!」


ってね。
聞き間違えかしら?あいつ、お母さんに今
ヘイっつった?


つづくわ!


最近みんながコレ押してくれるから
お母さんめっちゃ張り切ってる。
今日も押してって頂戴!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ