先日、時差ぼけを公表したように
お母さん一時帰国で日本に帰ってたわ。

まあ、もうオハイオに戻ってから1か月たったんだけど。
いつも古いことばっかり書いていて
全然話がフレッシュじゃなくて申し訳ないわ。

ブログらしく最新の出来事を
書いてみるわね!

えーと、今日。。。
今日は何してたかしら?

朝起きてお父さんと子供達を送り出して、、、
韓国ドラマを見ながら洗濯物を畳んだり
トイレ掃除したり、
テレビジャパン見たり、
気が向いたらピアノ弾いてみたり、
練り消しをネリネリしたり、
こないだ漬けたキムチを一人絶賛しながら食したり、

このまま無駄に人生を消費することに
0.1秒×100回くらい不安になったり


そうこうしてたら長男を迎えに行く時間が来て、
長男におやつを食べさせたり
くだらない話を聞いてやったりしてたら

今度は次男を迎えに行く時間になり、
帰って来た次男におやつを食べさせてたら
長男にクッキーを焼いてくれと頼まれたから

急いでクックパッド見ながらクッキー焼いて

珍しく美味しく焼けたわ。
型はハートしか持ってないの。
20180904_171638


そして夕飯の準備までのポケットタイムで
今ブログを書いているわ。

っていうね。

すごいフレッシュだけど
死ぬほどつまらない話を読んでくれてありがとう。



さて!楽しかった一時帰国の事、
つづってみるとするわね。

1か月も前の話を記憶だけを辿ってみると
まず思い出すのは何と言ってもこれ


ウィークリーマンションに滞在したこと
Screenshot_20180904-170212


依頼した会社は
リブマックスっていう会社で
借りたのはこの部屋。



一時帰国で日本に帰ったところで
持ち家がないお母さん一家。

今回はビザの更新があったから、
赤坂のアメリカ大使館に行かなければならないわけ。

だども、
お父さんの実家は、東京からはるか遠くの
関西地方。

お母さんの実家は埼玉にあるけど、
3LDKのせせこましいマンションに
一人暮らしでまだ仕事もしてるお母さんのお母さん。

時差ぼけで深夜に家族4人でゴソゴソと起きだしたりしたら、
狭い家の中で迷惑もかかるし、
2週間も滞在するなんて無理よ。

そんなわけでこの度初めて、
ウィークリーマンションを借りようと思ったわけ。

ホテルや民泊も調べてみたんだけど、
ホテルだと最低でも1泊3万円、
Airbnbでも家族4人で暮らせる広さを
借りようと思うと安くても1泊15000円くらいはするのね。

それと比べると、2週間も滞在するとなると
ウィークリーマンションがダントツにお安かったわ。

そしてせっかく滞在するなら、
赤坂からそんなに遠くないところがいいと思って、
都心のウィークリーマンションを問い合わせてみたんだけど、
意外とどこも満室なのよね。
借りる期間が短すぎるのかしら。

結局空いてた部屋は、麻布十番か新宿3丁目のみ。

どっちか悩んだ末に、
なじみのある新宿に決めたのよ。

借りた部屋の間取りはこんな感じで
44平米
32026_m_2

独立したキッチンがあって
32026_4_400
リビングとベッドルームは分かれてる
32026_3_400
エントランスはオートロックでちょっと安心
32026_2_400

ベッドやソファ、テーブル、
冷蔵庫、電子レンジ、ポット、
洗濯機、ドライヤーに掃除機くらいは
備え付けてあったわ。

こっちからは、寝袋と掛布団、枕、
お鍋と小さいフライパンを持っていった。

それだけで
狭いけど、すごく生活しやすかった!

人間って、これくらいのもので十分暮らせるのね。
シンプルな暮らしって悪くないわ。

ただ、子供たちは日ごろ
オハイオの広い家で
騒ぎ放題の暴れ放題の毎日だからね。
静かに過ごさせるのが中々大変だったわ。
お母さんもいつものように大声で怒鳴れないし。


そしてこのマンション、

コンビニが1分以内に3軒
伊勢丹本館まで4分
紀伊国屋書店まで6分
ビックロまで6分
世界堂まで3分
丸井まで3分
新宿御苑まで1分
新宿3丁目まで2分

部屋からスカイツリーと
六本木ヒルズが見える。


とんでもなく好立地!
素晴らしき都会生活!
オハイオは地球の裏側の別世界に感じたわ。

オハイオの今の家、
最寄りの建物の老人ホームまで徒歩5分
小学校まで徒歩20分
スーパー徒歩20分
郵便局徒歩20分
日本食スーパー徒歩3時間(推定)
書店徒歩3時間(推定)
図書館徒歩10分
駅、なし
娯楽、なし

普段暮らしてる環境と
あまりにも違いすぎて楽しすぎるわ。

日ごろリスと野うさぎが友達、
みたいな暮らしをしてる子供たちは
このコンクリートジャングルと
人ごみをどう思うのかしら?と思って聞いてみたら

「別に」
BlogPaint


とか言っちゃって、なぜか無反応

きゃつらってばなんの驚きもなく順応してたんだけど、
現代っ子だから?!

オハイオからの新宿よ?!

お母さんなんて、新宿から電車で20分くらいの街で育ったけど、
それでも初めて野村ビルと都庁見た時は
すっごい衝撃だったわよ!

とはいえ、慣れてきたら子供だけで
コンビニでガリガリ君買ったりして
日本の便利な暮らしを楽しんでたわ。

しっかしね、こんなに良い立地で
遊びまくるわよ!と思いながらも
日本が地獄の猛暑で
部屋から出る気になれなかった。。。

トイレなんて狭いし暑いしで
ちょっとこもっただけで窒息しそうだった!

息子達も裸で過ごす日々
BlogPaint



そしてみなさんお気づきとは思うけど、
ここはそう、新宿2丁目。

世界屈指のおネエタウン

昼間はごく普通に、サラリーマンやら
自営業の方々やら、観光客やらが
にぎやかに行き来してるんだけど、

日が暮れる夜7時くらいから
街は徐々に様子を変え始めて

身長が180センチくらいある
黄色いミニスカワンピースを着たオネエさんや

いわゆるガッチリムッチリ髭くまおネエさんの
カップルや、

昼間の観光客とは明らかに違う、
男性連れの男性外国人たちが

どこからともなく一斉に集い始めてたわ。

軒先に置いてある人形と一緒に
長男が写ってるけど
ここは子供が近づいていい店ではない。
BlogPaint


夕ご飯の買い物の帰りに
そんな面々とすれ違っても
息子たちは相変わらず無反応。

気が付いてないのかしら?
それとも多様性があるの?
どんな人でもどんとこいバッチこいなの?

最近の若者がわからないわ。

そしてそして、
ポケモンゴーをやってる人ならわかると思うんだけど、
ポケゴーってみんなそれぞれ
最初に自分のカラーを選ぶのね。

赤、青、黄色から1色。

それぞれの色の占有率は以下のかんじ。

アメリカはさすが、青がダントツ人気!
コロンバスはBuckeyeカラーの赤が人気よ。
StmRxJk


そして日本はこんな感じ。
お母さんは赤が好きだから赤をチョイスしてるわ。
map2


どっちにしても黄色はマイノリティなわけ。

それがこの街では
全てのジムがすべてこんなことに
BlogPaint

町中のジムを
イエローが常に埋め尽くしてるのよ。

それぞれのジムにヌシみたいのがいて、
めっちゃ強いポケモンが常にガードしてて
倒せないの!笑

マイノリティがぶっちぎりで強い
この街を物語る出来事ね。






一時帰国の時に、持ち家もない
実家にも滞在できない、

そんな時はぜひ、
参考にしてみて頂戴~!

ブログランキングに参加中!
クリックで応援よろしくね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ