お久しぶりね。みなさんいかがお過ごしかしら?
お母さんはしばらくの間祖国日本へ戻ってたわ。

戻って1週間が経とうとししているというのに、
未だに地獄のような時差ぼけの日々よ。

毎日毎日何時に寝てもAM1時に目が覚めてしまうわ!
日本に行った時も1週間くらいずっとこれが続いて、
お母さんもう、フラフラよ。

フラフラだし寝不足だし、
頭は回らないわ呂律は回らないわで
激;しんどいわけ。

しかも寝不足の時ってイライラするのよね。
判断力も忍耐力も鈍って心も狭くなる。

さ、前もって一通りの言い訳をしたからね。
タイトルの通りお母さん、
コストコでなにを吠えたか報告いたします。


5月の終わりに始まった夏休み。
そう、例のクソ夏休みのやつ、
未だに続行中よ。

だので買い物に行くにも子供たちを
連れて行かねばならない。

お母さん、時差ぼけでふらつきながらも
息子2人をつれて、日本から戻ったばかりで
からっぽの冷蔵庫を埋めるべく頑張ってコストコに行ったわ。

一応買い物メモなんか見ながら
野菜だの果物だのをカートに入れてまわると、
その日はなんだか試食コーナーがやたら多くて、
シリアルだのお菓子だのハンバーガーだの、
そこいら中でいろんな試食が出てたわ。

お母さん、普段は絶対にコストコで試食しない。
なんでかっていうと、ここの試食のおばちゃんたち
本当に感じ悪い人が多くて気分が悪くなるからよ。

よっぽど試してみたいものがあるときは
我慢して試食してみるけどね。

でもこの日はお昼時に子供を連れて行ったもんだから、
子供達が片っ端から食べたがるのよね。
お母さん、いやだなーと思いつつも
試食のおばちゃんたちに声をかけて子供に試食をさせたわ。

普段なら子供のリクエストなんか無視するんだけど、
時差ぼけでふらっふらだから、子供のいいなりよ。
元気になったらおぼえとけこのやろう。

そしてもうすぐレジ、ってところで
なんかひよこ豆のスナックの試食をやってたのね。
お母さんもちょっと気になって子供と一緒に試食をしようと思ったわけ。

3人でひよこ豆スナックの試食コーナーに行って
お母さんから順番に

お母さん「一つもらってもいいかしら?」
長男「一つください」
次男「ありがとう」

って話しかけたのね。

そしたらその試食コーナーのおばあちゃん、
お母さんたちをじろっと一瞥すると、
ふいっと顔をそらして宙を見つめだしたわ。

出た、色付き人種大嫌い老人。

若干イラっと来たけど、
まあこんなのはよくある事だし、フラッフラだし
今日の所は見逃してやろうと思いつつ。
少し離れたところでひよこスナックを食べながら
試食の老女を眺めていたわ。

するとこの試食老女、
思った通りの行動にでた。

他の白人客にはキャッキャと愛想を振りまいてるのよ。

そんな様子を子供達も
隣でひよこスナックを食べながら見つつ、お母さんにこう言ったわ。

次男「ボリボリ
お母さん、あの人なんで僕たちのことだけ無視するのかな。
ボリボリ」

長男「ボリボリ
クソババアだね。
ボリボリ」

お母さん
「ボリボリ
気がついちゃった?
ボリボリ
お母さんちょっと確認してくるわ。」

息子達とひよこスナックを食べつつ、
そんな会話をしていたら、あの老女が本当に
私たちにだけやってるのか確認したくなったお母さん。

ひよこスナックが入ってたカップを捨てようと、
老女の隣にあるごみ箱に向かって言ったわ。

そこで老女の前に立ちはだかり、
無言で老女を見つめる事30秒。
30秒って、長いわよ!

そして30秒経ってからお母さんは

「ありがとうね、これ、そこに捨てていい?」
って聞いたわけ。わざとね。

そしたら老女はやっぱりそっぽを向いて宙を見つめていたわ。

お母さんね、イラーン!ときたわ。

無視されながらも、老女の前でゴミをポイっと投げ
子供達を連れてレジに向かう。


「息子よ。お母さんね、ちょっと怒るからね。
カチーンと来たからこれはひとつ、ビシッとやるわ。」

フラッフラ歩きながらも息子にそう告げ、
レジで商品をコンベアに乗せた後、
レジの従業員におもむろに訴えたわ。

お母さん
「すいません、ちょっと話があるんですけど」

レジのひと
「あ?」

ついてないことにレジの人も感じ悪いわ。
こういう時はあのタブーワードを叫ぶのが一番よ。

低音ボイスで、かつ腹式呼吸で響かせて。。。

くらえ!

「あー、あのね、あそこの試食のクソババア、


ファーーーキン、レイシスト。」

お母さん、子供の前で本当に
しっとだのふぁ〇くだのと言い放ってやったわ。
子供が隣でぎょっとしてた。

アメリカでこの魔法の言葉を言うと、
本当に白人のみなさんはざわつくのよね。

こっちだって被差別だって自分で認めてることになるし
いやなんだけどっ!

お母さんが魔法の言葉を行った瞬間、
レジのおばちゃんがめっちゃ慌てだして、
無線で誰かに事を伝えると、あっという間に
マネージャーと他に従業員が3人も駆けつけてきたわ。

そこでお母さんはきったねえ英語で

「あそこのひよこ豆の試食のババア、
私たちが何度話しかけても無視するのよ。
私見てたんだけど、ほかの白人にはすっごくスマイルだったわ。

すっごくムカつく。
あとあれ、あれって英語でなんて言うんだっけ、
ほら、えーっと、そう、Rude!失礼!
あーめっちゃ気分悪い。

なに?差別?ちなみにこの店でこういう経験するの
今まで何回もあったんだけど
アジア人だから差別するように指導してるわけ?!ああん?!」


って、通じてるんだか通じてないんだか知らないけど、
お母さん全力で吠え切ったわ。

集まった従業員の皆さん、
全員お母さんに前のめりになりつつ片耳をお母さんに向けてた。

何言ってるかわかんないから、
耳の穴かっぽじって聞いてくれてた様子。
やだなんか逆にわるいじゃない。

そして、
マネージャーの人が一生懸命お母さんに

「あの試食の人たちは外部で雇ってるから
毎回いろんな人が出入りするのよ。
でもあの会社のマネージャーにも話をするし、
彼女にもしっかりと指導してもらう。

今回の事はso sorryだったわ、ありえないわ。
本当にごめんなさい。」

ってきちんと謝ってくれた。


ふっ、あのひよこ豆のババア、
たっぷり絞られて反省しなさい!



世代的にね、日本人を憎んでたり
差別が抜けきらない白人がいるのは仕方がないと思うのよ。

でもね、あからさまに態度に出すのは良くないわ。
あと、時差ぼけでフラフラのお母さんにやったのが
運の尽きだったようね。
日本人みんな優しいから、そんなことされても
たいていの人は許してくれるからね。


言いたいことを言ってスッキリしたお母さん。
コストコを出て息子に

「やっぱね、人間言わねばならぬ時があるのよ。
今日がその時だったわ。
。。。あんたたち恥ずかしかった?ごめんよ。」

って言ったら、長男のやつ

「いや、お母さんスカッとしたよ!
でもねー、英語がひどくて伝わってないと思う。
聞いてる人たち何回か「え?」って顔してたし。
それが聞いててイライラしたんだよねー。」


ですって!!!

だったら隣から援護射撃でもしてみなさいよ!

英語が喋れるだけで
クソの役にも立たないくせに
こういう事だけ評価するっていうね。

こいつもいつかぎゃふんと言わせてやるわ。
元気になったらおぼえてなさいよ!

フラフラっ

ああ今日も時差ぼけが辛いわ。。。
家でおとなしくしていた方がいいみたいね。



ブログランキングに参加中!
クリックで応援よろしくね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ