よく、グランドキャニオンに言っただとか
なんちゃらキャニオンだのなんとかバレーだとか、
グランドサークルの旅から帰ってきた人たちから伝え聞いてたんだけど、
どれが何なのかさっぱりわからなかったわ。

そんなお母さんでも見覚えがあるこの景色。

ジャン


ジャジャン


バーン!

モニュメントバレー


ついに本物を見に来てしまったわ!


今までの人生で見てきた景色と違いすぎて、
まるで月面を旅しているかのような感覚に陥ったわ。

そして子供のころのトラウマ映画

トータルリコールで
シュワちゃんが火星に落ちちゃって目ん玉が飛び出そうになる
閲覧注意シーンのあの顔が頭をよぎったわ。


こ、こえ~!


これ本当に地球の一角よね?
車から出ても空気あるよね?
謎の宇宙人に囲まれない?!

と、気を抜くと恐怖すら感じるグレートネイチャー。

すごいです。モニュメントバレー。


フォレストガンプが走るのやめたくなるのもわかります。

今日のお宿はこのモニュメントバレーの真ん前にある
Tha VIEW HOTEL


できたばかりで新しくてきれいで、なんといってもベランダからの景色がすごすぎる。

しかも1泊120ドルくらいで泊まれるという!

しかしこのホテルの本当のすごさはなんといっても

従業員が(たぶん)全員ナバホ族。

子供のころから絵本やアニメで見たあの独特の原住民の顔。
頭に羽を付けてヨーホホホと踊ってた人たちがここに。。。!!

服装は現代の恰好をしてるけど、
顔はそのまま、あの人たちだわ。。。

しかもここまで来る途中、
今もナバホの人たちがこのモニュメントバレーの辺に住居を構えて
暮らしている様子を車窓から見ることができたわ。

途中で寄ったお店の従業員もみなナバホ。

超わくわくする~!

オハイオで6年近く暮らしていたって、
ふと見まわすとアメリカ人ばかりの世界に異次元を感じることがよくあるわ。

そんなお母さんがナバホ族を見たら
正直、キム〇クに会ったときより心拍数上がってると思う。

なんなら私も芸者の恰好して
同じワクワクを彼らに味合わせてあげたかったわ。

芸者知らないかしら。


この日の夕ご飯はこのホテルのレストランで頂いたわ。


お決まり、量が半端ないアメ食!

キッズメニューでこの量


ふわふわのナンみたいなバンズは
ナバホ独特だそう。でもなんで二個?!


このハンバーガー、次男の顔くらいの大きさよ


1人前を4人で分けても足りたくらいよ。
味も手作りっぽい味で美味しかった。

お母さんはサラダとスープだけ。


なぜなら移動中一日中お菓子だのつまみだの食べたり飲んだりしまくって
全然おなかすいてないのと太るから!
本当、ロードトリップの助手席って暇だから食べまくっちゃうわ!



せっかくホテルのレストランなんだからちょっとお酒でも、
って思ったらね、このナバホの土地はお酒禁止なんですって。

軽くWikiで調べた感じだと、
迫害の歴史で辛さをお酒で逃れたナバホ族の人たちが
次々とアル中になったらしくて、それ以来お酒は制限してるんですって。

飲まなきゃやってらんないけど、病気になったら元も子もないわ。
世界が野蛮だったころの野蛮な歴史の名残ね。

頑張れナバホ族!

そしてロマンをありがとう。
こんなすごい光景見せてくれてありがとう。


このホテルで買ったナバホ族手作りのマグ、2つで$25


お母さん、ずっと大切にするわ!!