カブスカウトでサンドイッチを作ってどっかに寄付するのって、
恒例行事なのかしらね。

今年もカブ活動で長男がサンドイッチを作りに行ってきたわ。

去年はてっきりみんなで作って食べる会だと勘違いしちゃってね。
腹ペコの息子二人とお母さんで食べる気満々で行ったら、
作るだけで食べれなくて三人で超腹ペコになるっていう悲しい結末だったわ。

でも今年はちゃんと満腹で作りに行ったからね。
生人参を盗み食いしようなんて考えは浮かばなかったわ!

材料はみんながそれぞれ持ち寄る形式。
ハム、パン、レタス、野菜、ペットボトルのお水。
さらに今年は歯磨き粉とか歯ブラシ、トイレで流せるおしりふきとか、
なんか去年とはまた違った風合いのものを集めていたわ。

一体、誰に寄付するのかしらね。

そんなことも知らずに長男はさっそくサンドイッチ制作をスタート。


去年は1年目だから簡単な人参詰めしかやらせてもらえなかったのにね。
良かったわね。

1年目の子たちが、アップルソースやスナックを詰めて、
3年目の子たちは、、、何してたかしら?
なんかもう少し難しいことしてたわ。

それぞれに紙袋にひとつづつ詰めて
100袋以上作ったわね。



なんかわちゃわちゃと作業したら


それを箱に詰めてどこかに運ぶ



それぞれ車で移動して、向かった先は。。


よいしょよいしょ。。。



ポリスステーション



この写真見ても全然警察署だってわからないのはわかってるんだけどね、
さすがのお母さんも警察署内で写真を撮る勇気もなくこれが限界だったわ。

もういっちょ隠し撮り!



子供たちの手紙も一緒に渡して。。。

(これも隠し撮り)

任務完了!

一緒についていったパパたちも、いつものへらへらした様子はまるでなくて、
リスペクトしてる!って顔でポリスたちに挨拶していたわ。

この国ではポリスと軍人は本当、国民のヒーローなのね。

お母さんはなんとなくこないだスピード違反で止められたポリスがいたら気まずいな。。。
なんて不謹慎なことを思いながら一人キョドってたわ。

そしてふと足元を見たら次男もなんかキョドってる。
そう、次男はとってもポリスが怖いのよ。

なんでかって言うと、次男がくだらない嘘をついた時に
いつもお母さんが

「嘘をつくとポリスが捕まえに来るんだよ!」

って教えているから。

そんなにキョドって、どんな嘘をついたんだい?
なにか後ろめたいことでもあるのかい?

ポリスの前でも堂々としてる長男に引き換え、キョドる母子2人。

大丈夫よ次男!私たちだって清く正しく生きてるから!


たぶんね。。。