ESLの続き



登録した次の週から授業が始まったわ。
まずは自己紹介だったり、お互いのことを質問しあうのね。

「私はお母さんです。息子が二人います。
オハイオには5年住んでます。
ESLに来た理由は、英語でコミュニケーションをもっとうまくとりたいと思ったからです。」

これ、英語で言ったわけ。

なんかすごい話しやすいし、ばっちり通じるし、
みんな静かに私の話を聞いてくれるわけ。

お母さん、なんかすごいうれしい!!
何この気持ち。。。

自分、すごい英語しゃべれる人みたいに思えてきたわ。

それで気をよくして、隣に座ったメキシコから来たマリアさんと会話を続けたわけ。

なに、この感じ?
今までと違う。。。

お母さん、英語しゃべってるのに全然恥ずかしくないし、
もどかしくないし惨めな気持ちにならないわ。。。!

いつも英語を話すときは若干の緊張と覚悟、
集中力と根性を備えて初めて会話が成り立ってきたわ。

なのになに、この緩い気持ちで英語を話せるピースフルな雰囲気は?

明らかにいつも英語を話す時と様子が違うので、
お母さん、いつものことを思い出してみたわ。

いつも、、、

主に子供の友達の親と話す時が最も英語を話す時よね。。。

まず、彼女たちは早口で口語全開、会話のキャッチボールがマジ野球でいうところの

メジャーリーグ

お母さんがそこに入るっていうのは、草野球のおっさんメンバーがそこに入って一緒にプレーする感じ?

だからいつも構図は

メジャーリーガー VS 草野球のおっさん


何かを聞かれるときは、超速ド直球で来たりカーブで来たり。
とにかく必死でバットを振りまわしても空振りかあたってもファール。
デッドボールなんて当たった日には次の日もうソファから起き上がれないわけ。


三振ばかりで

(もうここでプレーしたくねえよぅ。。。)

と泣いてもまた引きずり出されて剛速球を受けなきゃならない。。。

それが今までのお母さんの英会話。

だから英語を話すことが腰が重くて重くて。。。
気分が乗らないと徹底的に英会話を拒否してきたわ。

気分が乗るときなんて、まあないんだけど。

それに比べてこのESLってやつは。。。

まさに草野球チーム!!

やだー、もう、こういうの求めてたわけ!
みんな話を聞いてくれるし、ゆっくり話してくれるし、
話題も意味わかんないことを急に聞いてきたりしないし、
みんなお母さん同様発音きったねえし。。。

お母さん、ここなら活躍できるかも。。。!!
※ESLそういう場所ではありません。


そんな期待で胸がいっぱいになったわ。
レベル4でも大丈夫。全然ついていけるわ。

でも一緒のクラスになった日本人女性曰く、
こESLはかなりゆるくて、結構ビシバシやってるところもあるらしいわ。

そんな草野球的ゆるゆるESLなんだけど、時間は3時間もあるのよね。
3時間、、、長いのよね。

1回目は英語が通じる楽しさに浸ったお母さんだけど、
2回目はふとむなしさが襲ってきたわ。


例えばここで、この草野球チームでうまいことキャッチボールもできるし
バットもふれて、なんなら自分からピッチャーになってボール投げたりできてもよ?

また明日になればメジャーリーグに引っ張り出されたら?
っていうか、明日もカブスカウトでメジャーリーグ登板じゃない。

いくらここでうまくやれても、メジャーには通用しないことをお母さんは知ってしまったわ。
むしろここでの楽しい草野球を知ってしまった今、
メジャーに戻るのが5倍・辛い

お母さん気が付いた。

ESLに通う時期逃したわ。

これはどうもちょっと3年くらい遅かったみたい。

もうちょっと、メジャーの人たちに太刀打ちできる英会話を知りたいのよ!
かといって今、どこに行けばいい感じに英会話伸びるのか全然わかんないわ。

そういうことで、オハイオ6年目にしてESLを始めた結果は。。。



とりあえずもう行ってない。。。
2週間しか行ってない。。。

罪悪感を払しょくするために時々バイリンガールのちかちゃんをYOUTUBEで見てる。。。

お母さんにも優しく教えてくれるちかちゃん



とりあえずまた引きこもって英語から目をそらすことにしたわ。

意外とこの草野球おっさん段階で止まってる人って多いんじゃないの?!
いい対策知ってる人がいたら教えてほしいわ。

じゃ、
引き続きこのままメジャーに登板してボッコボコにされてきまーす!