お母さんがいつも見ている地元のママのネット掲示板があるんだけど、
そこを覗くと本当にオハイオの人々の生の暮らしぶりや悩みが見えて面白いのよ~。

その中で面白いと思ったことを時々紹介してみようと思うわ。

今回は家の近所で火事が起こった時の出来事よ。

先日お母さんの家から5分くらいのところで火事があったみたいなのよね。
家から煙が上がった数分後には掲示板に写真とともに現場の様子が投稿されたわ。

「家から見えるところで火があがってるわ。どこの家かわかる?」

「あ、これうちのワンブロック先よ!だれかこの家の家族構成知ってる?」

「家にだれかいるかしら?だれか見に行ける?」


ってな具合に、ガンガン身元調査がはいるわけ。
この掲示板は匿名じゃないのよ?
こんなあからさまに野次馬やっちゃっていいの?!
火事が起こった家にも失礼なんじゃないの?!

ってお母さんヒヤヒヤしながら見守ったわ。
そしたらね、

「子供がいるならすぐに学用品や服、靴などを集めましょう!」
「困ってることがあったられんらくして!」
「うちはもう準備があるわ!」

などなど、すぐに手助けするという意見が次々とあがったるのよ。

野次馬じゃなかったのね!
すごいわ、近所が困ったら知り合いじゃなくても手伝う気満々よ。
こういう文化って、お母さんが住んでた所沢ではありえなかったわ。

でもこういう時ってやってもらう方にもそれなりの度量が必要よね。
お母さんならそんなに良くしてもらったらそれはそれで悩みそうよ。

でもお母さんもちょっぴり影響されて時々服とか集める時寄付をするようになったわ。
息子が気に入らなくて着なかった新品の服とかね。

結局火事がどうなったのかはお母さん知らないんだけど、
オハイオのママたちの心意気を垣間見て、ますますここが好きになったわ~!