日本に帰ったら


小劇場に行ったり
地下イベントに行ったり
浮世絵展に行ったり
エレカシのライブ行ったり


するぞー!ウェーイ!


と思ってたのに
コロナのせいで軒並み中止。


仕方ないのはわかるけど
いつまで続くんじゃコレは‼︎
ええ加減にせえ‼︎


何年も憧れて待ち焦がれた
ジャパンエンタメを
全然楽しめてないわ。


ほんとに辛い
(ノ◇≦。) ビェーン!!


ずっと自粛してきたけど
お母さんリモートワークなんて
一切やらずに
毎日渋谷に通い続けたけど
コロナに感染しなかった。


周りでコロナが出まくった時も
感染しなかった。


つまり
マスク手洗いでコロナは防げる。
って確信してるわ。


お母さんが働いてる会社の社長なんて
毎日毎日朝から夕方まで
ひっきりなしにお客さん呼んで
小さい会議室という密室で
大人数でひしめき合って
なんだかガハガハ笑って話してるけど


感染してない!


アルコール消毒とマスクだけで
信じられないほど感染しないもの。


こっちは見てるだけで恐ろしくて
コロナじゃなく精神病みそうになるけど。


彼は元気100倍。
毎日アンパンマンより絶好調。
今日も超背筋伸びてた。
そんで超ドライだった。


実際彼らを参考にはしないけど
もう自粛なんてムリ。


出かける‼︎


というわけで出かけてきたわ。


アルフォンスミュシャ展
IMG_3006


ジョジョ好きにはおなじみかしら?


ミュシャは1860年から1939年まで
イラストレーターとして活躍した
チェコ人画家。


アール・ヌーヴォー(新しい芸術)を
代表するアーティストよ。


ミュシャの絵を知らない人でも
彼の絵を見たら「どこかで見たな」って
思う人が多いと思うわ。


こんな絵
IMG_3031


見たことある気がするわよね?


本物じゃなくても
ミュシャのオマージュ絵は
世界に溢れてるからね!


ジョジョの荒木飛呂彦先生なんて
ミュシャ愛すごいと思う。


ジョジョ ミュシャで検索したら
こんなに荒木ミュシャな絵が
IMG_3011


絵が描ける人は
ミュシャ的な絵を自分のタッチで
描いてみたくなるのね。


お母さんも絵が描けたら
エレカシ×ミュシャを
描きたいもの!


いつまでも前置きが終わらなくて
ほんとごめんなさいね。


そろそろミュシャ展の話に戻るわ。


展示会場は埼玉県の浦和駅にある
浦和美術館
IMG_3008

ホテルの中のワンフロアが美術館になってて
ロビーがとってもきれい!
IMG_3007


コロナで全然旅行も行けてないから
久々にホテルに入れただけでワクワクよ。


そんでこのミュシャ展
見てきたわけだけども

お母さん失礼ながら完全になめてたわ。


ホテルのワンフロアの小さい美術館の
簡易的なイベントかと思ってたら
なんと展示数550点ですってよ!


壁にびっしりと飾られた
おびただしい数のミュシャの絵に圧倒されたわ。

有名な絵から見たことないタッチの絵
当時実際に使われてたポスターとか
お菓子のパッケージまで


まあ、近代の人だから
作品がいっぱい残ってるんだろうけど
それにしてもすごい数だった!


見終わった頃にはもーう
ミュシャでお腹いっぱい、で、
ミュシャがさらに好きになってたもの。


コレクションの説明書きの全てに
OGATAコレクションて書いてあったんだけど
FullSizeRender



これ全部OGATAさんて人が所有してるの。。。?


OGATA、何者なのかしら?!
ほぼ1人でここの展示品全部所有してるっぽい。
富豪か。


ところで
この美術展は面白くて
気に入った一枚だけ写真を撮っていいらしい。


お母さん、
見終わってからもう一周して
悩んだ末にこの絵に決めたわ
IMG_3005

画像が荒くてごめんなさいね。


この絵はミュシャが愛する故郷の
伝統祭の衣装を着る少女と
準備を手伝う母?を描いた物。



額に巻いてる布には
その土地の文化を表す文様が描かれてるらしい。


少女の強い目線にミュシャの
故郷愛を感じてグッときたわ〜!


ちなみに一緒に行った友達が選んだのはこれ
当時販売されてたお茶の缶
IMG_3014


かわいい!
今売ってたら絶対買うわ。
探したらこういうレプリカありそうよね。


日本のもだけど100年くらい前のデザインて
お母さんほんと好き!


ミュシャの胸で一通りトキメキ終わり
美術館を出るとそこには追い剥ぎ場
改めお土産売り場が。


お母さんは必ず美術館で追い剥ぎに合います。


帰りに画集を買ってしまうし
キーホルダーを買ってしまう。
時には家に死ぬほどある
クリアファイルとか買っちゃう。


こんなの素通りできる人いるの?
なんなの鉄マインドなの?


ここでもやっぱりミュシャの画集が売ってて
めちゃくちゃ欲しい!買いたい!
でもデカイし高いし悩んだあげく保留。


とりあえずポストカードとか少しだけ
おい剥がれる事にしたわ。


お会計でカバンからゴソゴソと
お財布を取り出したら
隣に立ってた初老の男性に声をかけられた。


「お財布!洋服とお揃いですか⁉︎」


ってね。


時が止まったよね。
この人DIOなのかな?


財布とお揃いの洋服ですって。。。?


ちなみにお財布これ。
たしかに服も赤と黒の花柄だったけど。
IMG_3026


「いやいや、ないですよね。
売ってるの見たことないですよね。
お財布とお揃いの服なんて。
欲しいですけど。」


「ああ、ごめんなさいね。
あなたの洋服がミュシャの絵みたいで
とても素敵で、お財布が出てきたら
それもミュシャみたいだったもんだから!」


そう言ってお土産売り場に並んでる
ミュシャのミューズ絵の
ポストカードを一枚取ると
お母さんにズイと見せて


「これ、この絵!
あなたを見てコレを思い出したんです。」


あんた
そ、その褒め方。。。


欧米か!(o^∇^o)ノ
(うれしい)


なんか懐かしい。
アメリカでよくこう言う事いわれたわ。
あの国はどんな人も必ず褒められる夢の国。


そしてこの後、このオジイが
本当に欧米だった事が判明するわ。


IMG_3028


なにこのオジイ。何者?
ひふみんみたいな容姿だけど
好きになりそうだからもうやめてくれる?


するとレジ横にいた、
これたま初老のオジイその2が
アシストを入れてきた。


「この人、ドイツに30年いて
最近帰ってきたんですよ。


ここの絵ね、全部この人の。」



な、なんですって⁉︎


じゃあ。。。あんたまさか。。。


お母さんはオジイその1に向かって
思わず大きな声で


「あなたがOGATAさんですか⁉︎
OGATAコレクションの!」


って迫っちゃったわ。


「そうなんですよえへへー(=^▽^)
これ全部僕が集めたの。ドイツで。」


ほえーおどろき!
謎の富豪レジェンドOGATAに会えるとは。


彼によると、
ドイツの日系企業で働いてる時
そこの日本人上司がミュシャの絵コレクターで
OGATAさんも買い物を頼まれたりして
色々集めてるうちにハマって
ミイラ取りがドミイラになったらしい。


わかるー(=^▽^)σ
お母さんもオハイオで
アンティーク集めにハマって
ハマりすぎてひと財産費やしたものー


コレクターって
お宝見つけた瞬間に
脳内麻薬ドバドバでるのよねー!


それにしてもここまでやるって。。。
すごすぎる。
労力もだけど、覚悟と財力もハンパない。


そんなOGATA氏が語るドイツの事や
ミュシャ愛の話は面白かったわ。
今度飲みに行きたいくらいよ。


OGATA氏のミュシャTwitterも発見



インスタもあるんだけど、
なぜかここにリンクが貼れないから
興味があったらググってみて頂戴。


そんなサプライズな
レジェンドOGATA氏との出会いもあって
お母さん
ますますミュシャが好きになった!


ここまで読んで
せっかくミュシャに興味持ったけど


美術展おわってるじゃない!
FullSizeRender



って思ったそこの貴女に朗報です。


10月に新宿でまたミュシャ展やるんですって。
オガチが言ってたから間違いないわ。


覚えてたらこのブログでもお知らせするわね。
新宿ならお母さんも多分行くわ〜!


ブログランキングに参加中!

クリックで応援してね(о´∀`о)



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村