子供が小さい頃は
24時間体制で彼らを見守ってたわ。


母親という名の、
専属ボディガードであり
レスキュー隊でありメイドだった。


なんつっても
放置すると奴らは命が危険だからね。


そりゃー命を守るために24時間365日
母親業に努めてきた。


報酬は子供のかわいさだけ。
マジそんだけ。。。


でもお金よりも価値があったわ!
小さい我が子のかわいさ


プライスレス!!
HA9pwWMUacrPOgT1622453454_1622453472
はーかわいい。涙出るわ。


そんなかわいい幸せな時期は過ぎ去り
今や見守る必要ゼロ。


見てなくても
勝手に食べるししゃべるし寝るし
デカくなるし臭くなるし


ありがたいことに
順調に自立の一途を辿ってるわ。


お母さんは子育てのゴールは
子供を社会に還元する事だと思ってる。


野生動物たちだって
子供が自立したら親やめるじゃない。
あれが理想!
成長したら親子ではなく仲間になるのよ。


獅子の親なんて
子供を崖から突き落とすらしいからね。
自立させるためならそこまでやんぞ、と。


まあ、人間の子どもは
さすがに崖から突き落としたりしたら
十中八九生きてないからやるわけないけど


成長した我が子に対してとはいえ
いつまでも24時間母親なんて


やらない(やりたくない)


今お母さんが母親やらなきゃいけない労働量は
時間に換算すると3時間。


にしてほしいの。理想としては。
朝1時間と夜2時間くらいに。


働いてるんだから上等じゃないかしら?!


夜は8時を過ぎたら
万事屋銀さんならぬ、万事屋お母さんは


閉店するのよ!


バカな友達がう⚪︎こ踏んだ話とか

ジョジョの6部がアニメ化するとか

急に集金出してきて
おつりのでないように
1982円用意しろとか

もうしまむらも閉まってる時間に
明日家庭科でエプロン使うとか

連絡帳を無くしたとか
友達のお父さんが白髪多いとか


このように、夜の10時過ぎてから
クソどうでもいい話をしてきたり
絶対明日の朝までに用意できないミッション
頼んできたり
頭使わないと書けない文章書かされたり


そういうのお母さん
もう受け付けない。事にしたい。


夜10時は、家族みんなが寝静まって
片付いたリビングで
自慢のMacBook proを開いて
ブログのこと考えたり将来のこと考えたり
荷風先生の本をにたつきながら読む


大事なクワイエットタイムで
貴重な1人時間なわけですよ。


そこ邪魔されるとマジでお母さん
崖から奴らを突き落としたくなるわ。
自立とは別の目的で。


子供の自立と安全と
お母さんの心の健康のために
夜8時で母親終了するって決めてるの。


シャッターをガラガラと降ろします。


でもこれだいぶ前から
息子たちに言ってるんだけど
あいつら24時間、山賊よろしく
平気でシャッター開けて入ってくるのよね!


それが現実。゚(゚´ω`゚)゚。


いつまでたっても子育ては
理想通りにはいかないわ!



ブログランキングに参加中!
クリックで応援してね(о´∀`о)
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村