タイトルに帰国子女とか入れてみたけど
帰国子女とか関係ないかも。


8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s-min


我が家の小学生2人の習い事について
お母さん言いたいことがあるわ。


ひとことだけ。
ひとこと言いたい。


とにかくねぇ


金がかかるのよッ!



なんかお母さん帰国してから
金の話しばっかりしてる気がするけど
本当、何をするにも金次第よ。


アメリカにいた頃は
たいして習い事なんかさせてなかったからね。


いや、実際は
ピアノ
ブレイクダンス
日本語補習校

の3つに通ってたんだけどね。
1ヶ月の月謝は確かこんな感じだった。


ピアノは先生がとってもお安く教えてくださって
1ヶ月60ドルくらいだったかしら。


ブレイクダンスは先生が貧しい子たちも
通えるようにって、
1ヶ月通い放題でなんと50ドルだったわ!
貧しくねぇのに便乗させてもらってたから
寄付を集めるときなんかは奮発して
お返しさせてもらってた。


補習校はバス代と授業料と合わせて
一人90ドルくらい?


で、
120ドル
100ドル
180ドル

二人合わせて月400ドルってとこね。
あれ、意外とかかってたのね( ;´Д`)


もっと安いかと思ってたわ。


そんで今。
帰国後にかかってる習い事のお金よ。


長男
ピアノ 8500円
野球 2000円
英語 12000円
塾 15000円


次男
ピアノ 8500円
ブレイクダンス 5500円
英語 12000円


合計。。。。


63500円パーマンスよ!?


おいおい、悪い冗談だって言っておくれよ。


お母さん1日5時間しか働いてないのよ?
渋谷まで行ってるわりに
お給料なんて雀の涙よ?


お母さんの美容代は?
高須クリニックに行って
顔面を色々お直しする夢はどうなるの?


でもさぁ


ピアノはもう今更やめられないわけよ。
今や息子らの唯一の特技でもあるし
やめたらそこで終わりじゃない。


あと英語ね。
あんなに何年もかけて身に付けた英語。


放置したら数ヶ月で消滅しちゃうからね。
事実、長男はともかく次男の英語が
既にかなりやばくなってるわ。


まだ帰国して4ヶ月しか経ってないのに!


ちなみに
お母さん先日久々にアメリカ人と
英語で会話したんだけど
横で聞いてた長男に


お母さん、英語喋れなくなったね。


って言われたわ。


お母さんも気がついてた。
全然英語が出てこねぇな、ってね。


緩く長い英語の坂道を
8年もかけて登り続けたのに
足を止めたら振り出しに戻ってるなんて!


語学って、不毛よね。


もういいんじゃない?
鎖国して外来語禁止にして頂戴。


そしたらもう英語のこと考えないでいいし。


ってお母さんはそれでもいいけど
息子たちは将来があるわけ


自主的に鎖国を貫くわけにもいかないからね。
泣きながら1時間3500円もする
英語のレッスンにお金を払ってるわ。


周りの小学生たちの話を聞くと
みんな結構小さいうちから
習い事やってるのよね。


水泳とか、書道とか、ソロバンとか
公文とかやっぱりダンスとか英語とかね。


でもやっぱり基本みんなお母さんたちも
働いてて共働きよ。
そうよねー。
そうじゃなきゃお月謝払えないわよ!


まあ、父ちゃんの腕一本で
子供の教育費から妻の整形代まで
稼ぎ上げるマッチョなご家庭もあるんだろうけどっ


我が家は共働きDE
教育費ヒィヒィ帰国子女家庭よ。


学校は、とりあえず高校までは
公立に行ってもらって
大学は国公立を目指してもらうわ。


子女枠受験とか全放棄の方向で。
頼むわよ。


もしも帰国後、帰国子女枠の受験をして
中学とか高校から私立に入るなら
塾と私立の学校の学費でさらに
数百万円プラスよね?


あーおそロシア。


本当は子供の英語なんかどうでもいいから
女友達とワイハに遊びに行きたいわよ。


あー、現実ってチビシー!


庶民派駐妻家庭の皆さん、
帰国後はこんな現実が待ってるわよー


( ´_ゝ`)ノガンバロウゼ



ブログランキングに参加中!
クリックで応援よろしくね~!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村