息子たちが日本の小学校に通い始めてから
早いものでもう2ヶ月。


前回長男の転校後のことを書いたけど
今回は次男編行ってみるわよ!


7bdd141f0bc6b56aa15d3663cbd9d222_s


一見、真面目でおとなしく見える長男は
実はふざけるのがやめられない病な上
人の目を全然気にしない鋼の心の持ち主。


反して赤ちゃんの頃からチャラ男キャラの次男は
実はシャイで人一倍人の顔色を見てしまう
チキン野郎。


お母さんは2人に対して一貫して


人からどう思われるかなんて
一生、一度も考えるな
自分が自分にどう見えるかだけを
気にしろ


と、口酸っぱく言い聞かせて育ててきたわ。


お母さんがそういう風に
できてるわけじゃないけどさ。


むしろお母さんは親から
人からどう見られるかを
ものすごく気にするように言われて育ったわ。


そして生きてみた経験から
他人からどう思われるかを気にすることほど
クソみたいに無駄なことは無いって思ってるからね。


長男はちょっとそれが行き過ぎたかな
ってくらい、ひどいマイペース男。


次男には、今でも何かを決断するたびに
人の考えを捨てろって言うんだけどね。


やっぱりお兄ちゃんに憧れ続けて
いつもお兄ちゃんの考えをなぞってきたせいかしら。


人のことばっかり気にするのよ。


そんな次男の転校初日は
どうだったかというと。。。


得意の無言作戦。


次男の18番といえば無言作戦だからね。
アメリカのプリスクールでは3年間
エレメンタリーに上がってからも
1年間もほぼ無言で過ごしたっていう


無言の達人。


人間、なかなか4年間も黙ってられないわよ?
次男てばなかなか根性あると思うわ。
まあその分家で兄にうっぷん晴らしまくってたけど。


次男は2年生だからね。
クラスメイトたちも次男に
直球で質問しまくったらしいわ。


机の周りを囲まれて。


でも、あれ?この子日本語しゃべれないのかな?
と思わせる勢いで質問されても
ニヤニヤと無言を貫いたっぽい。


4年も無言貫いた次男にしてみれば
1日の無言なんてきっと激・余裕。


無言でクラスの様子を観察してたらしく
だいたいクラスメイトの立ち位置を
1日で把握してきたっぽいわ。


なんか子供らしさにかけてるわね。


そんな次男のクラスだけど
どうも担任の先生がぶっ飛んでるっぽいのよ。


話によると
毎回、授業の半分は先生の武勇伝。


ぶゆうでんでんでん、ぶゆうでん


自分が若い頃どうだった
誰となにをした
そういえばこんなエピソードが


みたいな話を、一日中してるらしいわ。


年寄りのことをババアって呼んだり
子供のことをガキって言ったり
教育制度に対する非難とか。


「え?子どもにそんな話するの?」
って思うようなとがった話ばかり。


しかもその先生推定もうすぐ定年退職。


ってことは?
その自分語り授業をウン十年。
たぶん毎年同じ話をウン十回。
やってるってことよね。


なんか。。。
うすら寒けさするわ!


怖くない?
相手が違うからって
子ども相手に同じ話を毎年毎日毎時間。。。


会った感じは優しそうな
とっても感じのいい先生なんだけど。


次男曰く、先生
怒ると手ぇつけらんない感じらしい。


わ、わー(;´∀`)


サイ○パス臭ムンムーン


そして次男はと言うと
担任の先生の武勇伝を聞くのが
とっても楽しいっていうのよ。


なんて無邪気なの?!
子どもたちって本当にピュア。


だから先生も喜々として
武勇伝語ってるのね!


お母さんなんて薄汚れてるから
そんな話を聞いても
先生楽しそうで良かったわねー


とは思わずに


やべーなそいつ。って
サイ○パス臭を感じてしまうからね。


そんな不思議な担任の先生の
クラスに入った次男は
数日後には徐々に喋りだして
今はクラスの数人の男の子と仲良くやってるみたいよ。


何人かのお友達の名前が
次男の口からでてくるようになってきたわ。


転校生だからといって
からかわれたり
アメリカのことを聞かれたりも
初日意外は特になし。


嫌がってた給食も
長男同様1日で虜になってたわ。


心配していたことは何もなく
今日も無難に学校生活を送っています。


お母さんはサイコ先生のことが
ちょっとだけ心配だけど。


「まあ、世の中変わってる人多いから
今から慣れておくのもいいかもね。」


って次男に言ったら
「お母さんが一番ヘンだし」
って言われちゃったわ。


そんなわけあるか。


ブログランキングに参加中!
クリックで応援よろしくね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村