オハイオで息子2人を育てていました

オハイオ州コロンバスで暮らしていたお母さんのブログです。 帰国後も引き続きひっそりとたくましく生き抜いています。

2019年10月

お母さんね、息子たちが日本の小学校に通い始めてからというもの、彼らが不憫でならないわ。かつては家のガレージからほとんどからっぽのリュックをしょって学校の玄関のドア前まで車で送迎付きだったのよ。たぶん通学での徒歩数は20歩くらい。スクールバスの子たちだって家 ...

先日、8月にオハイオから送った船便の1便が到着したわ。その量、ダンボールM箱60箱分。今回1便で持って帰ってきた大物家具は子供の2段ベッド大人用デイベッドテレビ(全部で3台)フロアライトでかい鏡息子の机と収納つきオットマン他には家族4人分の服・バッグ・靴それから飾 ...

日本のお菓子のクオリティの高さを知ってる我々日本人にとって、アメリカから持って帰りたいお菓子なんてひとっつもないわ!って言いたいんだけどね。人にはそう言ってきたんだけど今までずっと。いざ、もう絶対に気軽には買えなくなると思うと急に恋しくなってきたアメリカ ...

お父さんの駐在員生活の終わりと同時にお母さんの駐妻生活も終わりを迎えたわ。今まで多くの駐妻仲間たちを見送ってきて、自分も見送ってもらう立場になったわけだけど駐在生活というドラマは本当に面白いわね。まさしく人生の凝縮がそこにあったわ。こんな感じ。1.誕生渡 ...

いやー、ついたわ。日本。本当に嫌になるほど遠いわよねオハイオ→日本て。最後にコロンバスのアパートの玄関出てから滞在先の埼玉の実家まで実に27時間!1日じゃつかないという衝撃の事実。しかもお母さんは飛行機で眠れない。さらにフライト前夜、夜の1時すぎまでフェ ...

↑このページのトップヘ