ワシントンDC旅行の2日目は、
北へ上がってニューヨーク(の郊外)へ。

今回はマンハッタンへは行かない。
我々の目的はただ一つ。


ニューヨークの日本食スーパー「ミツワ」
で行われている

マグロの解体ショー!
E6FDB379-86DA-498B-A59D-D0E9E00B05DC



ではなく、


山頭火のラーメン!
98828489-5170-4103-A428-FFD9625A935A


相変わらずめちゃくちゃ混んでるフードコート
E5A88B7A-81A7-4C54-A59F-373AE363095E


しかし奇跡的にすぐにテーブルをゲットできたわ


そしてお待ちかねのラーメン!
B5E2739A-51A0-4332-9C68-E279CAE2E5C1
なんか画像汚いけど。


やっぱりこれよ。
オハイオにもラーメン屋さんはあるけど、
まだ山頭火のクオリティにはかなわないのよね〜。

最高でした。


そして次は西へ1時間ほど走るとそこは。。。
EDB4FA17-012A-4DD2-BA14-C8C3A94DD474
看板遠いわね


拡大!
9320EE87-C8FE-46CD-A294-EB97E2E0790A

そう、アメリカ最大級のアウトレットモール
ウッドベリーコモンズ!

めっちゃ楽しみにしてた〜(о´∀`о)!!


お腹もいっぱいだし
マップももらったし
92967237-6784-4F92-A060-3F5DB95A1E94

準備万端。

早速回って行くわよ〜!


広大な敷地に240店舗以上のお店が連なって、
オハイオでは見られない高級ブランドもたくさん。

Dolce & Gabbanaとかね。
FECCA22F-5CA2-46FB-9899-6623435454DD

お母さん、マップを見ながら
お目当てのお店をどんどん見ていったわ。

もちろん家族とは別行動で。

そのほうが、彼らもお母さんを待たないでいいし
お母さんも気兼ねなく買い回れるしね。

1人でじっくりとお買い物を楽しみ、
洋服や靴を脱いだり着たりを
繰り返しまくるお母さん。

そんな中、ひとつのお店で
バーバリーのワンピースを発見したわ。
1E4EFAFF-12E5-4946-9CED-BE307B7E8D22


これが写真で見るとイマイチかもしれなけど、
シルクだから柔らかくて、
生地のプリントや色がすごく素敵!

だいたいこういうのって
着てみるとものすごく良かったりするのよね。

お値段を見たら2400ドルが2000ドルくらいに
値下がりしてた。

ゼロの数間違えてないからね?
このワンピースのお値段2000ドルだったから。

この、ねまきみたいな服が2000ドルですってよ?

いくらなんでも高くない?

でも、きっと着ればわかる。
なぜこんな値段なのかってね。

他にも何着か着てみたい洋服があったから、
それらと一緒にこの2000ドルのねまきももって
試着室へと向かったわ。

そして、他の服を着たり脱いだりを繰り返し
最後に好奇心で2000ドルのねまきを着てみた。

これがね、意外とゆったりとした
デザインに見えて、着てみたらだいぶタイト。

特に袖を通す時が結構きつくて
生地を傷めないように慎重に試着したわ。

そして鏡を見てみたら、
やっぱりいいのよ!

あきらかに質がいいのがわかるし
佇まいに品がでるの。

お母さんみたいな野良仕様の中年女も
なんかこのねまきを着ると
セレブ感が漂うの!

いやー、やっぱり違うわね〜!

ねまきとか言ってるけど、
着てみたらきっちりワンピース。

上質なバッグを合わせたくなるわね〜(о´∀`о)

お母さんはしばらくの間、
試着室で夢の2000ドルのワンピースを堪能したわ。

それから、汗をかいて汚したりしないように
すばやく着替えることに。

脇にファスナーがついてたので、
それをおろし、スカートの裾を持ち上げて
腕を交差してそのまま頭の方まで
裾を引っ張って脱ごうとした。

けど、脱げない。

脇腹あたりで服が止まって
それ以上脱げないわけ。


あ、あれ?(;´∀`)


上半身にワンピースをかぶったまま
交差した両腕にスカートの裾をつかみ
ゆっくりと腕を伸ばして引っ張った。


ギギギ。。。ギギ。。。


嫌な感触はするけど、まったく上がらない裾。
布が広がる感触がするから怖くて無理やり引っ張れないわ。

なんたって2000ドルだからこの服。


(ちょっとこれ。。。やばくない?(;´Д`))



だんだん焦ってきたお母さん。

だって、さっきからスカートにすっぽりと包まれて
暗闇の中で水泳のスタート台に立ってる姿勢してるから。

要するにこういう姿勢
Screenshot 2019-04-22 at 19.22.09
引用:日本水泳連盟


ちなみに下はいつのも黒タイツスタイル。
別名江頭スタイル。


ワンピースをなんとしてでも脱がなければならない。
そして絶対に生地を傷めてはならない。
しかし、どんなにくねくねやろうと
息を止めて胴回りのボリュームを絞ってみても
頑として動かない2000ドルのワンピース。


こりゃコマッタネ(;´∀`)


お母さん、スタート台に上がった姿勢で
途方にくれてみた。

正直もう15分くらい粘ってるけど
解決の目処ってまるでたってないから。

これもう1人で抱えきれる案件じゃない。
絶対に誰かのヘルプが必要だわ。

でもね、困ったことがもう一つ。

お母さん、動けないの。

お母さんの胴回りに張り付いたワンピースは
上にも下にも1ミリたりとも動かないの。

つまりもう、普通に着ることもできなくなってたってこと。
そしてお母さんの疲労はピークに達していた。

みんなちょっとやってみて。
スタート台の姿勢、マジで疲れるから!

スタート台姿勢ですでに数十分の時間を過ごし
心身ともに限界を迎えつつあるお母さん。

想像しないでほしいけど想像してみて?

江頭スタイルにワンピースを頭まですっぽりかぶり
水泳のスタート台姿勢の人間が

どうやってブースの外に出て
助けを呼べると思いますか?

とりあえず試着室からは出られないでしょ。

しかし幸いなことに、
隣の試着ブースに人の気配があった。

お母さん今、
死ぬほど人に見られたくない格好してるけど、
意を決して隣のブースの人に壁越しに話しかけたわ。



つづく!



ブログランキングに参加中!
クリックで応援よろしくね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村