図書館の個室のレンタルを巡る
お母さんの戦いストーリー。

▽第一話はこちらから
お母さん、謝らないアメリカ人と戦う その1
woman-2003647_640 (1)-min


個室のレンタルは時間ごとに
予約してあるから
だいたい予約時間の5分前には
部屋の前に到着するようにしてた。

でも、わりと頻繁に
予約してある時間に他の人が
まだ部屋を使ってることがあるのよね。

時間気がついてないのかな?
と思って少し待つんだけど
たいてい出てこないの。

仕方ないから、ドアをノックして

「この時間、私が予約してます。」

って教えて退出してもらうわ。
しかし問題はここからなのよ。

人の予約してある時間に
居座って出ていかない人達、

指摘するとだいたい逆ギレするのよね。

なんなの?
お母さんはもちろん淑女な振る舞いで
「エクスキューズミー?」って
声かけてるのよ。


でも、勝手に予約もせずに
入ってる人たちは
追い出されたって勘違いするのかしら?


絶対に謝らない。


なんで?
謝ったらいいじゃない。

「あらごめんなさい、
時間過ぎてるの気が付かなかったわ。」

とか、

「あらごめんなさい、
予約が必要ってしらなかったわ。」

とかね。

日本人はね、謝罪してくれたら
気が済む民族なの。

逆に謝罪がないと
気持ちにけじめがつけられないわけ。


▽以前にKate Spadeとも
 謝れトラブルやってます。
お母さん、けえとすぺえどと戦う


お母さん今まで5,6回くらい
退出をお願いしたことがあるんだけど

一度も謝られたこともなければ
お礼を言われたこともなし。

「この時間は私の予約です」
って言うと、

「あっそ。( ̄‥ ̄)=3 フン」

「よかったね。」

「。。。。(無視)」

「|д゚)チラッ。。。(無視)」

とかそんな感じ。
皆さんのその反応にお母さん、


(゚Д゚;)そんな返事あるかバカ!


ってちょっとイラついてたのよね。
こちとら1時間しか予約してないのに
知らん人たちに時間とられてるんだからね。

声をかけてもノロノロと片付けて
くっちゃべりだして15分くらい
待たされたりしたこともあるわ。

でもお母さん淑女だから。
そんなことで取り乱したりしない。

予約していた部屋に居座られて
退出をお願いした時に、

ティーンエイジャーの女の子達に
人を小馬鹿にするよう態度取られても

アジア人の親子に睨まれても

アメリカ人の家庭教師と
その生徒の小学生に( ´,_ゝ`)プッ
ってされても

インド人のおっさんが
テーブルの上にお菓子ボロッボロに
こぼして帰っても、

我慢できるからね。
淑女だから。

(心の中ではあいつら全員に
ジャーマンスープレックスキメてるけど。)

※ジャーマンスープレックス
170963

でもいくら心がまるで海のように
スカイのように広く
そして淑女のお母さんでも

皆さんのそのひどい態度、
あと1回で我慢の限界くるから。

そこんとこヨロシク!


つづく


ブログランキングに参加中!
クリックで応援よろしくね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ