今日は少々お見苦しいシーンがあるので、
最初にかわいい猫画像で癒やされておいてプリーズ
cat-649164_640


お母さん、冬は黒いタイツを欠かせない。
タイツなのか足なのかもうわからなくなるくらい
冬中ずーっと黒いタイツ。

だから10本くらいタイツもってるんだけど、
なんでか知らないけどすっぐ穴開くのよね、タイツって。

でもストッキングと違って、
でんせんしたらビーっと破れて終わりってことないじゃない。

破れても縫えばはけるじゃない。

え?縫わない?捨てる?

バカ言ってんじゃないよ!

おっと失礼。

いやいや、タイツ高いし。
1本1500円とかするし、
いちいち捨てるとかありえない。

でもすぐに指先に穴があくから
定期的に縫ってメンテしてるわ。


そんで話めっちゃ変わるけどミートソースって、
煮込んでる時鍋からめっちゃはねるじゃない。

ちょっと油断すると地獄みたいに
グツグツしてくるでしょ?

だからお母さん、普段はしないんだけど
ミートソースを作ってる時だけは
エプロンをかけるようにしてるわ。

その日はタイツを縫いながら
ミートソースを仕込んでた。

そうしてるうちに夕方近くになって次男をお迎えに行く時間に。

いつもは校舎裏のカーラインで
次男を拾っていくんだけど、
この日彼はコーラスの練習があったから
お迎え場所が正面玄関に変更してた。

ちょっと出るのが遅くなったから
子供を迎えに来てる親たちの車の列に行ったら
お母さん最後尾だったわ。

ぐるっと学校の玄関前のターミナルに送迎の親たちの車が並び、
半数ぐらいの親たちは、車を駐車場に止めて
玄関前まで自分の子供を迎えに行ってたのよ。

でもね、お母さんはそんなことはしない。

次男も車で送迎され歴3年目だからね。
お迎えになんか行かなくてもお母さんの車が見えれば
自分で車に乗り込んでくるはずよ。

しばらくするとコーラスの練習を終えた子どもたちが
玄関から蜘蛛の子散らすように一斉にわっと出てきて、
その中に次男の姿も見つけたわ。

そして少しずつ子どもたちが車に乗り込むんだけど、
普段バス登校している子どもたちや親たちは
車での乗り降りに慣れてないらしくて
すごくグズグズとするわけ。

ただ乗せて立ち去るだけなのに、
一体何やってんのかしら?って
若干イラつくほどに遅い。

そしてお母さんからは次男の姿が見えていて、
次男に手を振るんだけど、
なんかしらんけどあいつ全然気が付かないの。

玄関先に迎えに行った親たちは、
ほとんど子供を拾って帰り、グズグズとしながらも
お母さんの前に車はあと3台ほどになったわ。

次のターンくらいでお母さんも次男を拾えそうだったから、
再び運転席から次男に大きく手を振ったんだけど、
やっぱり全然こっちを見ない。

残ってるのは先生と、子どもたちが4,5人。
そしてお母さんの前の車がグズグズと子供を乗せて、
なかなか発進しなくてイライラしながら次男を見ていると、
なんと先生が次男と残ったもう一人の子供を連れて
玄関から学校に入って行こうとしてるじゃない!

おいつぐお!
なんでお母さんに気が付かないの?!
なんで前の車はそんなにグズグズしてるの?!
まだ車並んでるのになんで先生次男を連れてくの?!

運転席でシャウトするお母さん。

絶対に次男を迎えに学校の中には入りたくない。
絶対に、車から降りたくない!

ついにお母さん、運転席の窓をあけて叫んだわ。

「次男!ちょっと!つーぐーお!!!」

でももう、玄関まで行ってしまった彼の耳にお母さんの声は届かない。

これはまずいことになったわ。
今日お母さんは死んでもこの車から出ずに
次男を拾わなければならない理由がある。

油断してた。
いつもこんなわけじゃない。今日はたまたま。
本当にたまったまよ!



ファッキンパンイチに
エプロンだけという格好してるから。




危ない!想像しないで猫画像を見て!
cat-649164_640


だって、だってだって!
タイツ縫ってる途中だったし!
ミートソース煮てる途中だったし!

タイツ縫ってたら時間ギリギリになっちゃって、
ああ、スカートもタイツもはいてないけど、
エプロンしてるからまあいっか、

車からでるわけでもないし。

って思うでしょ?
誰でもそう思うでしょそうでしょ?

この完全なる変態ファッションで
車から降りることだけはなんとしてでも避けなければならない。

しかしこうして焦っているうちにも先生は次男を
遠いドアの向こう側へ連れて行こうとしてるわ!

絶体絶命のお母さん!
助けて!変態仮面様!


このままでは次男は事務所に連れて行かれ、
受付の秘書達(しょっちゅう会う)や、
ジョントラボルタ似の校長先生と鉢合わせることになってしまう。。。!

今なら音楽の先生だけにこの姿を見られるという
最小限の痛手で済むが。。。!


「くっそ貴様!ふざけやがって!絶対ゆるさない」(号泣

ぐぬううううう!!!
断腸の思いで決断したわ。

お母さん、涙目で怒り狂いながら
シフトをパーキングに合わせて車を停車し車から出ると、
学校の中に入っていく次男を追いかけたわ。

そして改めて次男を大声で呼ぶと、
次男、やっとお母さんに気がついた!

お母さん、小学校の正面玄関前で仁王立ち。
WITH変態ファッション。

後ろから見たら
ファッキンパンツ丸見え。

おっと、ノーイマジン!
cat-649164_640


さ、誰か私を殺して頂戴?


日頃神様なんて信じないお母さんだけど
この時は祈ったわ。

(神様、どうか私の背後に誰も来ませんように)ってね。

ようやくお母さんの姿に気がついて
駆け寄ってきた次男を、目を三角にして叱りつけたわ。

「あんたなんでお母さんに気が付かないわけ?!
なんでこっちを見ようともしないのよ!?」

すると次男、恐怖に怯えながら答えたわ。
「ごめんなさい、今日車が違うから気が付かなかった。。。」

ああそうだった。今日はお母さんの車、
オイル交換してもらうためにお父さんと車交換してたんだった。

そうか、それで気が付かなかったのかそうか。

音楽の先生は、お母さんをちらっと一瞥すると
校舎の中へ一人の生徒を連れて消えていったわ。

ヨシ、あの雰囲気はお母さんを通報する気はなさそうね。
前から見たらまさかパンイチだとは思うまい。


ホッ(;´∀`)




ホッ、じゃねえ!なんかはけや!




なぜこうなのかしら?

この数年間、お迎え時に子供が
お母さんに気が付かなかったことなど
一度もありはしなかったわ。

そしてもちろん
こんなファッションで来たのなんて初めてよ。

スーパー行く時に
スカート履き忘れたことはあるけど。

この生まれて初めてのファッションの日に
珍しく車をお父さんと交換してて
初めて子供が先生に連れて行かれるという

間の悪さ。

確かに油断してたお母さんが悪いんだけどね?


でも不幸中の幸い。
小学校の玄関前に露出狂が出たというのに
通報されなかったし、とっ捕まえられずにもすんだ。


神はお母さんに味方したのよ。



▽ブログランキングに参加中!
クリックで応援よろしくね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ