アメリカの美容院でアジア人の髪を扱える人ってなかなかいないのよね。
でもそれは黒人の人も一緒らしくて、
黒人の人たちはあの巻き毛を扱える美容院に必ず行くらしいわ。
人種によってそれぞれ髪質って全然違うものね。

伸びちらした髪をどうにかしようと
近所のアメリカンな美容室に駆け込んだら
やれ金太郎になっただのやれカッパになっただの
悲劇が繰り広げられてる話はよく聞くけど本当ですか?
皆さん大丈夫ですか?


お母さんは日本に住んでる時は
ずっと決まった美容師さんに切ってもらってたわ。
実家の近所の美容院。
このマスターがなかなかクセの強い人でね、
絶対に注文通りに切ってくれないわけ。


お母さん
「こんにちはー、今日はちょっと前下がり目のボブにしようかと思ってるんですー」

マスター
「。。。えー、今あなたくらいの歳の女性はあんまりそういう髪型しませんけど?本当にやるんですか?ええー、じゃあ、これくらいなら切りますけど。」

お母さん
「。。。あ、じゃあおまかせで。。。」

そんなにはっきりとね。
「はやりに載って若作りしようとすんなよ」って言われちゃうとね。
お母さん押しに弱いタイプだからね。
だめと言われたらおまかせにするしかないし。

まあ、結果金太郎だったと。

その次は前髪短めの昔の安田成美さんのような
髪型をオーダーしたときのこと。

マスター
「えーと、プッ、ゴホゴホッ、しつれい。本当にいいんですか?この髪型にしますよ?」

お母さん
「(なんか今笑ったのが気になるけど黙ってやってくれるなんて珍しいじゃない)はい!お願いします」

で、結果カッパになったと。

さらに極めつけはかっこいいクールなスパイラルパーマをかけて
おしゃれな感じにキメようとリクエストしたときは、
マスターってばパンチパーマでもかける気なのかな、
って思わせるようなほっせえロッドを
大量にお母さんの頭に巻き付けちゃって。

結果、セクシャルバイオレットナンバーワンになったと。

マスター笑ってたからね。
お母さんを桑名にした時。
長めのきついパンチになったお母さんを見て
豪快に笑って「大丈夫ですか?」って
しゃーしゃーと聞いてきたからねあの野郎。

(´;ω;`)大丈夫。
お母さんこんなことくらいじゃへこたれない。


マスターにどんな仕打ちを受けても
マスター一筋に10年通いつめた挙げ句、
夫も息子も母親も紹介して連れて行くという
すごい太客だったお母さん。

オハイオに引っ越すときは選別にって
マスター愛用のすきバサミをプレゼントしてくれて、
今も息子の髪はそのすきバサミで切ってる。

元気かな、あいつ。

そんなマスターと今生の別れをしたお母さん。
オハイオに来てからはここ7年ほど
日本人美容師のNoriさんに切ってもらってるわ。

Noriさんはすごいわよ。
お母さんいつもスマホに切ってほしい髪型の人の
スクショを撮ってNoriさんに見せて切ってもらうんだけど、
マスターと違ってどんな髪型オーダーしても
かなり写真通りに仕上げてくれるからね。

でもお母さんが本当にすごいと思うのは
カラーの技術よ。お母さんはいつも
ハイライトを入れてもらうんだけど、
アジア人の黒髪にいれるハイライトがすごい上手。

レストランやお店でよくアジア系の女性から
「その髪どこで染めたの?」ってきかれるほどよ。

シャンプーも気持ちいいし
仕上げもきれいにしてくれるし、
(どんな髪型になるのかな(´;ω;`))
なんてハラハラする心配もない。

すっごく上手!

オハイオに行ったら美容院どうしよう。。。
って心配してる方いますか?

大丈夫、Noriさんのとこ行っとけば大丈夫。


Noriさんのお店のホームページはこちら
Kokoro Hair Studio

Kokoro Hair Studio
6800 Caine RD
Columbus, OH 43235
United States
ph: 614.419.6580
sushiboy27@aol.com

ブログランキングに参加中!
投票よろしくプリーズ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ